2011年結成! 早稲田大学卒業生によるサムルノリチームのブログです。


*★*――――*★* *★*――――*★**★*――――*★* *★*――――*★*

東京都で活動をしています!

2004年に、早稲田大学でサムルノリサークル「シナウィ」を結成。
(正確には、廃部寸前だった旧シナウィからすべてを受け継ぐかたちで新生シナウィが発足!)

卒業後も、メンバーそれぞれ違う道に進めど、週末には集まってサムルノリ。

ナチュラルに、ふつうに、気づけば社会人サークルとして活動していました!(笑)

仕事の合間にサムルノリを、いや、サムルノリの合間に仕事を。。。!?


*★*――――*★* *★*――――*★**★*――――*★* *★*――――*★*


↓↓お問い合わせなどありましたらクリックください☆↓↓

□■□メールを送る□■□



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
緊張と弛緩
韓国文化院20130730


韓国文化院で行われた“2013年定期公演シリーズ③韓国舞踊”を観てきました!

踊りの公演は華やかで、衣装も見ごたえがあって、サムルノリ公演とは違う時間が流れて癒されます(´ω`*)

でも…なんだかんだで、どうしても演奏が気になってしまう!

生演奏というのはライブ感があって本当に好き!
歌謡ショー(?)とかでも生バンドだとわくわくします

舞踊家、演奏家、
表現者の方の高い集中力というのは本当にすごい、と思いました。

失敗が隠せない舞台の上で、踊りと音とを合わせる一発作業に立ち会っている気分。
観てるとこっちの息がとまっちゃいそう(゜0゜;) 

いいパフォーマンスができるのは、
頭は緊張感を持ちつつも体はリラックス状態にあるとき、
というのを聞いたことがありますが……

舞台上の踊り手と奏者にも、そして観客とのあいだにも、きっとそれはある? のかも。

誰も舞台上の両者のあいだに入れない、緊張感のある世界の存在のようなものを感じられ、
でも同時に観る者が入りこむ「間」もちゃんとあって、
心地よいなと感じていると、ぴしゃっと締めるところ締められて緊張感が戻ってくる。

もう、たまんないコントラストw

前のほうで観ていたので、
踊りも観たいし演奏も観たいしで、テニスの観戦よろしく左右に首をふっての鑑賞となりました(笑)

今年はいい公演たくさん観れて幸せ



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 サムルノリチーム「シナウィ」のブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。